脂肪動員ホルモンって何?脂肪燃焼に最適なの?

脂肪動員ホルモンって何?脂肪燃焼に最適なの?

脂肪を燃焼させるためには脂肪動員ホルモンをうまく使う必要があります。今回は脂肪動員ホルモンをわかりやすく解説していきます。

脂肪は体内の脂肪細胞に中性脂肪や脂肪酸として蓄えられています。脂肪細胞に蓄えられている状態では燃焼することができません。脂肪燃焼するためには脂肪を脂肪細胞から引っ張り出してあげることが大切ですが、その役割を担っているのがリパーゼという酵素です。

リパーゼがうまく働くには脂肪動員ホルモンがキチンと分泌されていないといませんので、脂肪動員ホルモンは脂肪燃焼には大切なんですよ。

脂肪動員ホルモンを一般的にグルカゴンと呼びます。グルカゴンは運動時や低血糖時に分泌され、リパーゼを活性化させて、脂肪をエネルギーへと燃焼してくれるのです。

グルカゴンをうまく分泌させるには食事の間や、空腹時がいいと言われています。この時間帯に運動すると脂肪燃焼効果が高いというわけですね。また、空腹じゃなくても20分ていどの運動で体内の血糖値が減少し、グルカゴンが分泌されはじめます。

脂肪燃焼サプリもうまく飲むといいかと思います。脂肪根症サプリの中にはグルカゴンを分泌させるものだってあるようです。

copyright(C)サプリで脂肪燃焼